読み込み中…

ニュースメディアという場所

いろいろ哀しくなると、かろうじて読める外国語である英語のニュースサイトに行ってみる。脳の違う部分を使えるので、冷却効果が生まれるのに違いない。びっくりするほど、気持ちのクールダウンに効果的なのだ。そう考えると、わたしは英語がネイティブ言語になる日は生涯やって来ないだろう。それはそ […]

コミティアの学漫ブースで、編集したマンガ本を出した

このあいだの続き。今日は長めです。 結果どうだったのか? ・・・少なくとも、55名のかたに購入いただいた。しかし3チーム中最下位。これは悔しい。だけど、買ってくれた人がいるのはありがたい。でも悔しい。その繰り返し。まぁ、どちらも本音です。 チームBのリーダー吉田さんがすごくよい文 […]

2020/2/9に国際展示場へ来てほしい、たったひとつの理由

久しぶりの投稿になってしまった。大きな言い訳は、ひらめき☆マンガ教室で同人誌を作っていたから。もちろん、マンガを描いてるわけではない。いろいろあって「編集長」とサークルの「リーダー」をした。その生活も、もう終わる。 明日、2月9日の14時までに。国際展示場に来てほしい。そこでは「 […]

あいちトリエンナーレ再訪(0)

9月に引き続き、会期終了前にあいちトリエンナーレに行ってきます。 再訪後に記事も書くけど、その前の状況を書いてみたい。 9月来訪時には豊田エリアを回ったが、今回は時間的に無理だろう。これが悔やまれる。全体的にキュレーションの輪郭がしっかりとしていた。さらにあいちトリエンナーレの軸 […]

「ひらめき☆マンガ教室」提出課題へのコメント集【随時更新】

突然ですが。このポストで書いたように、「ひらめき☆マンガ教室」に通い始めました。 そこで、提出課題へのコメントをnoteで投稿しています。どうしてnoteかと言えば、検索性も高まるし、通りすがりの人も怪しまないと思うんですよね。 これらのコメントは個人的な見解だけ載せています。基 […]

身体を操る作法、その境界線/劇団ダンサーズ『動員挿話』

はじめに 劇団ダンサーズ『動員挿話』@SCOOL 劇団ダンサーズは、「ダンス作戦会議」のメンバーが中心となって、「ダンサーが演劇をすること」を行うプロジェクト。この旗揚げ公演は、静かながら大きな衝撃を与えるものだった。 演劇として演劇を実践する劇団ダンサーズ、旗揚げ公演は岸田國士 […]

ひらめき☆の扉を開ける

2019年5月4日。ついにその日はやってきた。 ずっと気になっていた「ひらめき☆マンガ教室」に申し込んじゃったのである。 https://school.genron.co.jp/manga/ まさか、申し込むとは思っていなかった。 実は、その数日前。わたしは朝まで「無料生放送」を […]

『LOCUST』Vol.2へ寄稿しました

明日5/6は、第28回文学フリマが開催されます。会場は「東京流通センター第1展示場」です(浜松町駅からモノレールで10分。空港快速の止まらない東京流通センター駅前)。 実はわたし、ここのウ-37で出店している『LOCUST』Vol.2に論考を寄稿しました。今号のテーマは「FAR […]

わたしにはまだ、野心がある

4月まで通っていた批評再生塾。この最終課題で完成稿が出せなかった理由はいくつかあるが、どんな理由があるにせよ、完成できなかったという歴然とした事実がある。「お疲れさまでした」と労われることもあるのだが、ちゃんと卒業できた感じがしていない。そりゃあ、そうだ。このモヤモヤを晴らしたく […]

特撮って男の子向けなのか。

昨日、某動画のコメントで「特撮は男の子向けでしょ」と流れてきて、夜中に「うっ」と声を発してしまった。そうか、やっぱりそうなんだよね…と。 わたし、特撮は好きです。でも、ライダーがイケメンかどうかは関係ない。というかですね、見えない力によってヒーローに選ばれた時点で、かっこいいに決 […]