読み込み中…

note更新しました【200706】

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。noteの記事を更新しました。noteで新刊・近刊についての書評マガジン「ぼちぼちブックレビュー」を始めています。週1で更新しようと思ってたのですが、すっかり間が空いているという…。こちらは、そんな感じです。 君のコスモは燃えているか?2020 […]

ある名もなき俳諧師の話

こんなニュースがちょっと前にありました。 寺の墓地、国税が差し押さえ 税金滞納で異例の公売:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASN5V7FLQN5VOIPE017.html 当事者の方々が心を痛めているのは言わずもがなですが、わたし […]

サードプレイスは幻想か

「米スタバ、持ち帰り・デリバリーへのシフト加速 「コロナ後」見据え」https://forbesjapan.com/articles/detail/35150 さんざん「サードプレイス」を掲げてきたのに、ひどい方向転換だ。企業が決めたことなので、抗議するわけではないけれど。学校で […]

2020年のブラックホール

ここ2〜3ヶ月ほどのあいだに、使いたくないワードが増えてきた。謎の造語がの増殖力がすごい。このままどんどん膨張していき、しまいには無になるのでは、などと思ってしまう。 もちろんすべてを調べているわけではないのだけれど、英語と日本語で、それらを使うときのモードが違うということに気づ […]

ハッシュタグの快感、その行方【改】

「#MeToo」は、たしかに世界を動かすコピーだった。良いことも、悪いことも加速させた。あらゆる物事にはいい面も悪い面もあるが、暗黒面にすぐ落ちてしまう。特に昨今のハッシュタグの使われ方は酷い。どの主張もおよそ、吊し上げと変わらない。 言葉は人を救うが、殺めることもできる。近ごろ […]

そして、鬼は滅びたのか?~『鬼滅の刃』最終話について

先週の月曜日、何があったか覚えているでしょうか? もはやいろんなことがあって忘れてしまいそうですね。「社会現象」を巻き起こしたマンガ、あの『鬼滅の刃』がついに完結を迎えたのでした。 このマンガは、大正時代が舞台になっているだけではなく、世の中からみた歴史が映し出されているとわたし […]

呼ばず語りの国で —–COVID-19-あるいは—–

起きぬけにスマホをチェックするとコロナ。ブラウザを立ち上げてもコロナ。テレビをつけてもコロナ。人と話してもコロナ。ほんの数ヶ月前に「コロナ」と言えばビールだったのに(暖房器具の人も、太陽を思い出す人もいるかもしれないが)、とにかく世の中は変わってしまった。言うまでもない。新型コロ […]

珍しく組織論とか考えてる

乗っているのがモロい舟でも、よく知らないが頑丈な物質で覆われているので、航行に支障はない。助けてくれた人もいるし、悪い人ばかりではないと思うと、出ていくことがなかなかできない。手塩にかけてきた愛着もある。さらに、別の船や島が見つかるかどうか不安だから。 ただ、やはり海には嵐も起こ […]

「自粛要請」だだ漏れの三月

テレビ、新聞、ネット、ラジオの多くが、情報を伝えるのではなくて「自粛すればなにかが成功するムードを醸成するPR」をしている。そしてそれは、少なくとも3/22現在は成功しているようだ。 「こんなときだからみんなで我慢しよう」というメッセージ性のあるコンテンツと、観光地や花見でほのぼ […]